疲労回復-疲労回復の方法と食材などについて > 疲労回復には質の良い睡眠 が大切です > 疲労回復と睡眠について考える【疲労回復-疲労回復の方法と食材などについて】

疲労回復には質の良い睡眠 が大切です

疲労回復と睡眠について考える【疲労回復-疲労回復の方法と食材などについて】

疲労・疲れ

睡眠は疲労回復には欠かせません。熟睡することにより、脳の疲れを取り、心と体を回復させ、前向きに生きていこうとする気持が湧いてきます。そのためには疲労回復のために質の良い睡眠を確保する工夫が必要です。

@夕食は、あまり胃に負担がかからないようにしましよう。また、レタスは眠気を誘う性質があります。夕食にレタスを取り入れてみましょう。よい睡眠につながります。またカルシウムは、イライラや不安を静める沈静作用があります。就寝のとき、ホットミルクはお勧めです。コーヒー、紅茶、日本茶等は避けましょう。また、就寝前に、ぬるめのお湯にゆっくり入って、心身をリラックスさせると、眠りにつきやすくなります。

A正しい呼吸は酸素が肺に入り、血液に乗って脳や全身に送り込まれます。正しい呼吸は、熟睡が得られ、疲労回復だけでなくストレスも解消できます。先ず鼻から大きく息を吸う、吸った息をしばらくそのまま止める、そして口からゆっくり吸った息をとことん吐き出す。そうすると息を吸う行為は、意識的にしなくても自然に空気が入ってきます。意識は、息を吐き切ることに集中するだけで大丈夫です。布団に入る前のリラックスタイムに深呼吸を行い、気持ちを落ち着かせることはとても大切です。

B深い睡眠を得るためには、就寝する前の行動が大切です。寝る直前まで頭を使っていると、寝つきが悪くなります。布団に入る前にリラックスタイムを心がけてて気持を落ち着かせましょう。前にも触れましたが、深呼吸を行い気持ちを落ち着かせることは、熟睡や疲労回復を得るために大切です。

Cベッドや布団の中では、リラックスして楽しいことやうれしい事を思い出すと眠りやすくなります。気になることや心配ごとや大事なことは、メモに書きましょう。睡眠中覚えておく必要はありません。布団の中では無理に眠ろうなんて考えず、深呼吸をしながらぼんやり楽しいことを思っていれば自然に眠くなります。その結果として熟睡ができ疲労回復につながります。



疲労回復-疲労回復の方法と食材などについて

<<疲労とは、身体からのメッセージ・・・【疲労回復-疲労回復の方法と食材などについて】 | 疲労回復-疲労回復の方法と食材などについてトップへ | 恋に疲れてしまう瞬間8パターン【疲労回復-疲労回復の方法と食材などについて】>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。